法人向け 個人向け

HOME >> ネット中傷被害対策(法人)

法人向け:ネット中傷被害対策

こんなお悩みありませんか

お悩み

ネット中傷被害でお困りならアルシエンへご相談ください

当事務所はインターネット上でのネット中傷被害を専門的に取り扱っており、誹謗中傷を削除し、 または書き込んだ人物を特定していきます。
誹謗中傷されているサイトの特性に応じて、効果的な対処方法を選択するとともに、適切な対応をとってまいります。
適切な対応を取ることができないと、書込み等がコピーされてしまい二次被害を拡大させてしまうこともあるので、
豊富なノウハウを持っている当事務所にお任せください。

担当弁護士の紹介

清水陽平(東京弁護士会所属)

清水陽平

実績、強み
担当弁護士は、2ちゃんねるへの書込みの削除、書き込んだ者の特定を法的に行うことの第一人者です。
それまで「2ちゃんねるの削除はできない」、「書き込んだ者の特定はできない」というのは半ば常識とされてきました。しかし、試行錯誤を繰り返し、2ちゃんねる側が、①どのような手順で、②何をすれば応じてくれるのかということのノウハウを得ることができました。また、そこから発展し、2ちゃんねるのミラーサイト(2ちゃんねると全く同じ内容を保持している別のウェブサイト)の削除、ブログの削除、その他サイトの削除等も多数行っております。

事例と解決法

【事例1…削除のケース】 インターネット上の匿名掲示板に「●●会社はブラック企業」
「●●会社は詐欺会社だ」と書かれてしまったが、そのような事実はないので、早く削除したい。

誹謗中傷対策において重要なのは問題となる書込みを削除し、ネット中傷被害の拡大を防ぐことです。当事務所では、削除を行うにあたり、裁判所の決定や判決を得るという方針を原則としております。
他に、いわゆるプロパイダ責任制限法に基づく送信防止措置や任意交渉という方法もありますし、当事務所でもそのような方法を採ることもありますが、裁判所を通した方が結果的に迅速かつ確実です。
削除までの時間は、通常1週間程度ですが、最短で数時間です。

事例1…削除のケース

【事例2…特定のケース】 インターネット上の匿名掲示板に「●●会社は社内で違法にコピーしたソフトを使っている」と書かれてしまった。そのような事実はなく、書き込んだ人物に見当はつくが、誰が書き込んだのかをきちんと調査して処分したい。

書き込んだ者を特定するためには、掲示板管理者から発信者情報を開示してもらうことが必要です。そこで、当事務所では、裁判所を通じた発信者情報開示請求を行っていきます。他に、いわゆるプロパイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求をするという方法もありますが、裁判所を通じた方が早く確実なことが多いです。
掲示板管理者から発信者情報の開示を受けることができれば、次にプロパイダに対して発信者情報開示請求を行い、書き込んだ者を特定していきます。この2回目の発信者情報開示請求は通常の訴訟をするということになります。
特定までにかかる時間は、通常3~6ヶ月程度です。

事例2…特定のケース

よくあるご質問

どのような書き込みでも削除したり、書込みをした物を特定できるのですか。

いいえ。会社の信用を下げている、虚偽の事実を記載している、著作権を侵害しているなどの場合です。

サイトを丸ごと削除できるのですか。

可能な場合もありますが、原則的には誹謗中傷している個別の書込みや個別の記事が削除対象になります。

会社の信用を下げるような着こみであれば、書込みをした者を特定することは常に可能なのですか。

できない場合もあります。サイトやプロパイダ側がアクセスログという記録を保管していることが特定の前提なので、その保管がされている間でなければ特定ができません。なお、アクセスログの保管期間はサイトによって異なります。また、その他の事情により特定できないこともあります。

「2ちゃんねるの格納」ということを言っている業者がありますが、それとは違うのですか。

違います。「格納」は削除できているわけではなく、見えにくくしているだけであり、根本的解決にはなりません。

逆SEO対策はしてくれないのですか。

申し訳ございませんが、逆SEOについてはお請けしておりません。ただ、逆SEOに強みを持つ会社などをご紹介させていただきます。

  • お問い合わせはコチラ
  • ネット中傷被害のお問合わせはコチラ

料金

  • インターネット上での誹謗中傷削除 21万円~
  • 発信者情報開示請求(誹謗中傷等をした者の特定) 21万円~
  • プロパイダ責任制限法に基づく送信防止措置(削除の申請) 2万円~

ネット中傷被害対策顧問

インターネット上での誹謗中傷をいったん削除しても、すぐにコピー&ペーストされ、継続的に誹謗中傷に晒されてしまうことがあります。その度に弁護士に依頼すると、時間的にもコスト的にも効率的ではありません。 そこで、ネット中傷被害対策を専門的に行う法律顧問契約を結ばせていただくことで、御社に対する誹謗中傷について、迅速に、かつ、通常よりも安価に対策させていただきます。

【★3つのメリット】

  • ①いつでも気軽に相談することができる!
  • ②対応可能なのかどうかの判断を迅速にできる!
  • ③費用が安く済む!

顧問料 10万円/月~
※御社の状況に合わせて柔軟に対応させていただきます。

お問い合わせ

ご相談内容などをご入力の上、お申し込みください。後日ご連絡差し上げます。

※ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせに対応する目的の範囲内でのみ利用させていただきます。
※この問い合わせフォームは法律相談をするためのものではございません。
 法律相談をご記載している場合には,返信されない場合がございます。


以下の内容でメールを送信します
必須お名前: 例) 山田 花子
郵便番号:  - 
ご住所:
例) 東京都千代田区霞が関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ2F

必須お電話番号: 例)090-0000-0000
必須E-Mail: 例)info@example.com
*パソコンからのメールを受信できるメールアドレスを記載してください。
  無効なアドレスや拒否設定がされたアドレスが記載されている場合は、
  連絡されないことがありますので、ご注意ください。
必須対象URL/アカウント: *問題とお考えのサイトのURLを明記してください。
Twitterなどの場合,アカウント(@xxxxxx)を明記ください。

対象URL/アカウント:
お問合せ内容: ※対象URLに書き切れないものについてはこちらにご記入ください。
また、書込みのうち問題とお考えの具体的内容、真実かどうか、
書込みの背景などを詳しくご記入ください。